ロートアイアンで創る、至高のオーダーメイド電動シャッター

「ナイルスナイル No.236 October. 2016」に掲載されました

アーキテリアシャッター 5つの魅力

職人がつくる、こだわりの逸品をエクステリア・ガレージに


ヨーロッパの古城を想わせる重厚で優美なデザインのロートアイアンを、贅沢にも「シャッターパネル」として使用。
熟練の職人がひとつひとつ丁寧に叩き、成形していくため時間はかかるが、それだけに本物だけが放つ重厚な存在感を手にすることができます。
模様はオーダーメードで、専門のデザイナーがイメージを形にしてくれます。
門扉やフェンスなどといったエクステリアとのトータルコーディネートも可能です。

イメージ

選べる開閉仕様


ロートアイアン仕様 垂直格納タイプ
イメージ

参考価格:垂直収納型 W4000×H3000 シャッター及び施工費用=参考価格 約1,000万円(※1)

選べる開閉仕様


ロートアイアン仕様 水平格納タイプ
イメージ

参考価格:水平収納型 W4000×H3000 シャッター及び施工費用=参考価格 約800万円(※1)

選べる開閉仕様


ガラスパネル仕様 垂直格納タイプ
イメージ

シャッターの面材は、ロートアイアン+ガラスパネル仕様も可能です。


  ロートアイアン仕様 ガラスパネル仕様
水平格納タイプ 垂直格納タイプ 垂直格納タイプ
開口幅(※2) 5500mm以下 4000mm以下 2500mm以下
開口高さ 3500mm以下 3000mm以下 3000mm以下
パネル(1枚当り) 150kg以下(パネル幅制限なし) 80kg以下(パネル高さ422mm以下)
開閉速度 5m/分 2.5m/分
電源 AC100V AC200V(3相)

シャッターの常識を覆す、全面フラット仕様


趣向を凝らした面材だからこそ、その魅力を損なわないよう仕様やシステムにもこだわりました。
一般的なシャッターは支柱間に設置するためどうしても段差ができてしまいますが、内側にオフセットしたガイドレールにより、閉じたときにシャッターと壁面がフラットになる仕組みを採用。全面フラット仕様のため、段差によるシャッターの悪目立ちしません。

イメージ

障害感知機能付き


障害感知機能付きで、シャッター下降中に感知スイッチが障害物に接触すると、下降を停止し反転上昇します。

安心のメンテナンス・サポート体制


パートナー企業による、24時間のメンテナンス・サービス体制を整えています。

アーキテリアシャッター ロートアイアン仕様
ご相談〜ご契約〜完成までの流れ

7. 6.設置工事 5.製作開始 4.仕様・費用 確定 3.注文 合わせ 2.概算見積 1.相談

1.ご相談


ご希望の仕様をお聞かせください。
例) 設置場所(物件名 / 間口サイズ / 設置環境など)、開閉仕様(垂直格納 or 水平格納)、アイアンデザインスタイル、ご予算など。
また、ロートアイアンや電動シャッターに関する疑問・質問などご遠慮なくお問い合わせください。

2.概算見積


1.で伺った仕様を元に、概算見積を提出します。

3.ご注文・打ち合わせ


ご注文後、ご希望のロートアイアンデザインをヒアリングしデザイン案を作成します。 また工事責任者による設置場所の状況確認を行います。

ロートアイアンのデザイン例

ロートアイアンのデザイン例

4.仕様・費用 確定


設置場所の状況やご要望に合わせた仕様(ロートアイアンのデザイン、シャッターの構造)をご提案し、仕様を確定します。 またここで最終費用も確定致します。

5.制作開始


ロートアイアン、シャッターの制作を開始します(仕様確定後の納期:約3ヶ月)。

イメージ

6.設置工事


工事スケジュール調整し、設置工事いたします。

7.引き渡し


取扱上の注意や定期メンテナンス契約なども、使用上の必要事項をご連絡します。

垂直収納型 W4000×H3000
シャッター及び施工費用

1,000万円(※1)

水平収納型 W4000×H3000
シャッター及び施工費用

800万円(※1)

※1 ロートアイアンのデザイン及び現場の状況によって金額に変動があります。詳細打ち合わせ後、再見積もりさせていただきます。

製品・施工例写真