BI-FIXファスナー

BI-FIX ファスナー

  • ●クリップピンの頭を押すだけでロックし、90゜回転させると取り外せます。簡単な操作方法で確実に接続できるファスナーです。
    ●機械・航空機・OA機器・医療機器・理化学機器・整備機器などを組み立てるのに便利です。
  • 部品構成

    ●BT-FTXファスナーは、クリップピン、固定リング、クリップを組み合わせて使用します。
    ●必要に応じ、ワッシャも合わせて使用できます。
  • クリップピン
  • 固定リング
  • クリップ
  • ワッシャ
  • クリップピン

  • D:レンズ頭
  • W:羽頭
  • K:ローレット頭
  • ●頭部形状はD:レンズ頭、W:羽頭、K:ローレット頭の3種類です。
  • クリップ

  • Cタイプ
  • CPタイプ(溶接用)
  • 注意
    ●Cタイプはねじまたはリベット止め、CPタイプはスポット溶接で取り付けてください。
  • 仕様

    【仕 様】 ●クリップピン、固定リング、クリップの3部品で構成しています。必要に応じてワッシャも合わせて使用できます(下記)。
    ●クリップピンの頭部の形状は3種類(レンズ頭、羽頭、ローレット頭)あります。
    ●クリップピンのサイズはφ8、φ11、φ16の3種類あります。
    ●使用耐久回数:約10,000回
    ●使用温度範囲:固定リング使用時/−40℃〜90℃
  • 使用例

  • 取付加工図

  • サイズ08
  • サイズ11
  • サイズ16
  • 固定リング

  • ワッシャ

  • ●固定リングはクリップピンの抜け止めです。また、接続の際にはクリップピンを垂直に取り付けられるようにします。
    ●振動を少なくする効果もあります。
    【注 意】
    ●1つの固定リングで厚みが足りない場合には、複数の固定リングを使用し、厚みを調節してください。
    ・保護ワッシャ RT型 クリップピンを回転させる際、板金に生じる傷を防止できます。
    ・シーリングワッシャ RW型 水や埃などの侵入を防止できます。
    ・座付スプリング TA型(誤差調節リング)接続側と本体側の板厚に誤差が生じたり、クリップピンの長さが合っていない場合、クリップピン頭部首下に座付スプリング TA型を用いて調節できます。  
    ※保護ワッシャRT型やシーリングワッシャRW型も誤差調節リングとして使用できます。