DIRAK

DIRAK ロゴ
  • DIRAK(ディラク)社の製品は広く欧米で普及しており、広範な工業用途に使用されています。TÜV認定規格に適合した製品は、防塵、防滴性や電磁波漏れを防ぐ高密閉性が求められるエレクトロニクス関連機器において、IP規格の完全防塵に多数適応し、高い信頼を得ています。品質・デザイン・使い勝手・コストパフォーマンスで高い価値をご提供します。

    スガツネ工業はDIRAK社の日本総代理店です。

密閉システムシリーズ

    • DIRAK社の製品群は、全体をトータルなシステムとしてとらえ設計しています。このため豊富なバリエーションを持つロック、ヒンジ、カム、ゴムパッキンなどは、標準化したサイズや取付穴により互換性を有し、用途に応じた組み合わせが可能です。システム組み合わせ一覧などを参考に、必要な部品をご指定ください。
    • 各種ハードウェア筐体に使用されるスイングハンドルを中心としたDIRAK社の密閉システムは、設計の標準化が可能で、コストの削減につながります。
    • PL先進国である欧米で磨かれた高い品質と安全に対する配慮をしています。
  • 取手袋

    ステー類

    平面ハンドル、ラッチ類

    ヒンジ類

    ゴムパッキン

    密閉システム
    スィングハンドル、ロッドラッチ、クォーターターン
    カムなど

    密閉システムは左右兼用

    右用左用といったわずらわしさがなく、管理費用や製作コストの削減につながります。

  • 「扉全体が左右兼用」ノンハンドレッドシステム

    現場で簡単に、扉の開き方向が変更できます

    システム用件
    シーリングエリア外取り付け
    スイングハンドル中央を扉高さ中央に合わせる
    212型ヒンジを使用する
    デュアルローラー用受座、212型ヒンジ用取付穴を左右対称に加工する
  • DIRAK 製品取付

    212型ヒンジ

    スィングハンドル

    デュアルローラー付ロッドラッチ

    扉左右兼用

    同じボックス

    デュアルローラー用受座

    212型ヒンジ

シーリングエリア外取り付け

ロッドラッチ

スィングハンドル

212型ヒンジ

  • デュアルローラー付ロッドラッチ、デュアルローラー付ロッドをお使いいただくと、かぶせ扉において、ハンドルをシーリングエリアの外側に設置できます。
  • 防水が必要な際、ハンドル取付部にコーキングなどを施す必要がありません。
  • 通常はデッドスペースとなる場所に設置するため、ボックスの内側を有効に利用できます。
  • ダイレクトイン機能

    DIRAKのクオーターターンシステムは、取付穴への挿入およびナットの装着時、カムの取り外しが不要です。取付作業が容易で、管理費用や製作コストの削減につながります。
SNAPLINE ロゴ

ワンタッチで取り付けできる スナップラインシリーズ

スナップラインシリーズ取付方法
  • 現場での取り付けが簡単で、取付点数が多い作業のコスト削減に貢献します。
  • ねじ、ナット、平座金が不要で、増し締めなどのメンテナンスも不要です。手で取り付けられるため、工具による傷なども防ぎます。
  • 製品に振動や負荷が掛かっても、ばねが突っ張り、取付状態を保持します。
  • 製品自体の強度も抜群です。
  • 豊富な製品ラインアップで、さまざまな板厚に適応します。
  • 筐体に取り付けた後でも、別売の専用工具で取り外せます。
  • ねじ、ナット、平座金が不要

  • 強度抜群

    厚さ1.5mmの鋼板にあけた30×10mmの穴に製品を取り付け、3950Nの力で引っ張った場合でも製品は壊れません。
  • 工具不要で塗装へのダメージを防ぐ

取り外しは専用工具またはキーで行えます

  • タイプ 1

    サンプル

    本体裏面のサイズにあった取り外し工具を選び、凹みを本体裏面に合わせ工具を押し込みます。本体両側のフック部を収納状態にして、本体を矢印方向に押し出してください。

  • タイプ 2

    サンプル

    取り外しキーを本体裏側の溝に差し込みます。キーの回転で本体両側のフック部を収納させ、本体を矢印方向に押し出してください。

ハイジェニックシリーズ

    • 食品工場、医療現場をはじめ、衛生管理が求められるさまざまな環境で活躍します。
    • 鏡面研磨に加え、ごみや汚れが溜まりにくい形状にデザインされているため、洗浄作業の手間を削減できます。
    • X線検査機や金属検出機で探知できない樹脂パーツの食品への混入に備え、目視で発見しやすいブルー色を使用しています。