三次元調整機能付隠し丁番 HESシリーズ

デザイン性・防犯性・施工性をかねそなえた隠し丁番

  • 特長

    ●扉を閉じると外から見えない丁番です。隠し丁番なのでインセットで扉を納められ、軸も外に出っ張りません。 扉本来のデザインを損なわず、防犯性にも優れています。
    ●扉は180度開きます。
    ●上下、左右、前後方向の微調整が可能な三次元調整機能が付いています。
    ●扉を簡単に吊り込みできる仮止め機能付のタイプもあります。
    ●HES3D-160型は、2011年度グッドデザイン賞を受賞しました。
    ●対応扉サイズの比較表は【こちら】をご覧ください。

    仮止め機能を利用した取付・調整手順

    仮止め機能を利用することで一人でも楽に扉を取り付けできます。
    1.図aのように丁番のねじカバーと上下調整(着脱兼用)ねじをはずし、丁番本体とベースフレームに分けます。
    2.丁番本体(LAMPロゴのある側)を扉の掘込穴に、ベースフレームを枠の掘込穴に取付ねじで固定します。
    3.図bのように丁番本体を、ベースフレームに水平に押し込みます。仮止め機能により、押し込んだ後に手を離しても扉が枠に一時的に保持されます。
    4.1ではずした上下調整(着脱兼用)ねじを取り付け仮締めし、扉位置調整作業に進みます。
    5.次に扉位置調整を行います。扉位置調整は一方向ずつ順に行ってください。
    6.上下調整(着脱兼用)ねじを1回転分ゆるめて、扉の上下位置調整を行います。
    7.上下の位置調整後、上下調整(着脱兼用)ねじを締めてください。
    8.前後調整ねじを1回転分ゆるめて、扉の前後位置調整を行います。
    9.前後の位置調整後、前後調整ねじを締めてください。
    10.左右調整ねじを回して、扉の左右位置調整を行います。調整は、左右調整ねじをそれぞれ少しずつ回してください。無理に回すと故障または破損する恐れがあります。
    11.最後に、ねじカバーをかぶせて完成です。ねじカバー裏面の丸形凸部を前後調整ねじにかぶせて、押し込んでください。
三次元調整機能付隠し丁番 HESシリーズ 
三次元調整機能付隠し丁番 HESシリーズ 
三次元調整機能付隠し丁番 HESシリーズ 
三次元調整機能付隠し丁番 HESシリーズ 
三次元調整機能付隠し丁番 HESシリーズ 
  • CAD 取説
  • カタログを見る
  • 商品概要
三次元調整機能付隠し丁番 HESシリーズ 
三次元調整機能付隠し丁番 HESシリーズ 
NEW
三次元調整機能付隠し丁番 HESシリーズ