トルクヒンジ こんな課題でお困りのときは

  • Q
    扉や蓋を閉じたとき、 ヒンジを見えないようにしたい。
  • A
    裏蝶番タイプやインサートタイプであれば、蝶番が見えない納まりになります。
  • Q
    蓋を開ける時はスムーズに、 閉める時はフリーストップにしたい。
  • A
    ワンウェイトルクタイプなら、フリーストップは一方向のみに働きます。一方向のみトルクが発生(フリーストップ)し、逆方向はトルクが発生しないため、扉・蓋などをスムーズ・安全に操作できます。
  • Q
    フリーストップすると 動きがカクカクしてしまう。
  • A
    REELL社の高性能トルクヒンジシリーズがおすすめです。 特殊技術(特許取得済み)により、静トルクと動トルクの差を10%以内という小さな範囲に抑え、上のグラフに示すように、動き出しから静止まで非常に滑らかな操作性を発揮します。また、クリップ構造により高品質・高耐久を実現し、この特性は2万回の開閉試験の後でもトルク値の変化を最小限に抑えます。
  • Q
    扉や蓋が浮いてしまい、ぴったり閉まらない。
  • A
    閉まりきるところで、反動(スプリングバック)が起きないディテントタイプがおすすめです。キャッチ部品が不要なので、内部のデザインもすっきり仕上がります。
  • Q
    モニターなど枠にヒンジを仕込みたい。
  • A
    特殊形状タイプをお選びください。配線穴付きもご用意しています。
  • Q
    屋外、厨房、水周りなど 特殊な条件下で使いたい。
  • A
    屋外使用可のタイプや耐熱・オールステンレスタイプが最適です。
  • Q
    スペースが狭くて取り付かない。
  • A
    小型のタイプでご検討ください。
  • Q
    もともと使っているトルクヒンジよりトルク値が大きい/小さいものを探したい。
  • A
    トルク値分布表をご参照ください。

プチ用語解説

許容差 トルク値は、加工や気温、素材など種々の条件によってバラつきが出ます。そのバラつきの範囲を示した納入時の数値のことを示します。
反動(スプリングバック) 扉や蓋が閉まりきらず浮いてしまう(はね返り)現象。材質や圧力などの条件で変化します。
高耐久 主に2万回以上の開閉試験をクリアしたものを示します。