ローロン 高耐久・重量用 ガイドレール・スライドレール

レールの精度は用途に合わせて選ぶのが現場改善・コストダウンの秘訣です

スガツネ工業は、Rollon社の日本正規代理店です。ティーレース(T-RACE)社製品は、ローロン社製品に統合されました。

高負荷・高耐久 レールとしての優れた基本性能

超高荷重! ボールベアリングタイプのレール

高耐荷重・悪環境に強い! ダブルボールベアリング内蔵のローラー

傾き誤差、平行誤差を吸収。

悪環境でも使用可能なボールベアリング内蔵のローラータイプは、粉塵・ほこり等の影響を受けにくい構造です。粉塵が舞うようなボールベアリングが嫌う環境や、切削油がかかるような過酷な環境下でもご使用できます。

SG-TGV型
(ガイドレール)
SG-TLR型
(スライドレール)
SG-TLQ型
(スライドレール)
高耐久レール

高耐久

高周波焼入れによる表面硬化を施しています。これにより高い耐摩耗性と耐腐食性が得られ、長寿命を実現しています。

コンパクトなレール

コンパクト

一般的な高精度ガイドレールとは異なり、キャリッジがレールからはみ出さず、コンパクトです。

高速走行

高速走行

電力や空気圧など、動力による高速走行が可能です。

取付誤差・ミスアライメントを吸収 自己補正機能

レールに求められる精度は使用環境により変化します

高精度なガイドレール・リニアガイドは、取付面にも相応の精度が求められます。

しかし、業界や用途によっては、そこまで精度を必要としないケースも数多くあり、こうした用途で高精度ガイドを採用するのは、コスト面から最適とは言えません。

自己補正機能付のスライドレール・ガイドレールなら、内蔵ローラーが傾き方向・水平方向に対して最適な位置に補正されるため、取付誤差(ミスアライメント)を修正し、スムーズに走行できます。取付面の精度出しが不要になり、コストダウンに直結します。

対応ガイドレール 対応スライドレール
傾き・平行の取付誤差を吸収します

コストダウンにつながる改善アイデア

ケース1 ガイドレール(コンパクトレール)
取付を簡素化し、コストをカット
表面加工の労力を最小限に

高精度なガイドレール・リニアガイドだと、取付面の精度を出すための加工手間が必要になります。
重量用リニアローラーレール SG-TGV型なら、「自己補正機能」により取付面の誤差を吸収するため、取付面の加工手間・労力を最小限に抑えられます。

SG-TGV型
自己補正機能により取付面の表面加工を省略

ケース2 スライドレール(テレスコピックレール)
部品点数の削減と仕組みの単純化で
設計コストを大幅削減

ツールストッカーなどの電動で引き出す機構を設計する際、一般的なボールベアリングのスライドレールを使用すると、クリープ現象が起こりやすくなります。これを防止するには、ローラーベアリングの高精度ガイドレールを2段重ねにする必要があり、部品点数・コストの増加。仕組みの複雑化に繋がっていました。重量用ローラースライドレールSG-TLR型なら、ローラーベアリングでスライドするため、クリープ現象が起こらず、単体でご使用いただけます。

SG-TLR型
通常リニアガイド3本+土台3ヶが必要な機構もスライドレール1本で解決できます。

あらゆる用途に、最適なソリューションを提案します

医療機器に

医療機器

X線診断装置、MRI、手術台の高さ・長さ調整、診察用寝台

工場の梱包装置・物流機器に

梱包装置・物流機器

搬送装置、等

鉄道車両に

鉄道車両

シート・テーブルの調整機構、車両ドア、ホームドア、バッテリーボックス

航空機器に

航空機器

アームレスト調整機構、フットレスト、メンテナンス用足場

特装車に

特装車

シート調整機構、各種スライド部、等

工作機械に

工作機械

スライディングドア

建築に

建築

什器・ショーケース引き出し、等

その他にも、さまざまな用途にお使いいただけるほか、用途に合わせたご提案も可能です。

ROLLON BY TIMKEN

Rollon(ローロン)社は、イタリアのガイドレール・スライドレールメーカーです。1975年に創業し、産業機械、ロボット、梱包、物流、鉄道などの業界で数多くの採用実績があります。
スガツネ工業はRollon社の日本正規代理店です。

製品一覧