Knud Holscher ナッド・ホルシャー コレクション

Knud Holscher
ナッド・ホルシャー コレクション

選ばれ続けるスタンダード

建築家でもあり工業デザイナーでもあるナッド・ホルシャーは、d line創業当時から共同で開発に携わり、1971年に「長く使える慎ましいデザイン」というコンセプトのもと、初めて統一感のある建築金物シリーズを世に送り出しました。当時から現在まで、世界中の設計事務所・デザイナーに選ばれ続けているハードウェアシリーズです。

機能的、シンプル、高品質

ステンレス鋼管をベースとし、カーブ部とストレート部を同じ太さに保つことにより、シンプルで調和の取れた外観を実現しています。耐食性に優れたSUS316を使用しているため、屋外などの厳しい環境下でもお使い頂けます。

コレクション誕生の背景

ホルシャーは、デンマーク王立美術院を卒業後、アルネ・ヤコブセンに師事し、オックスフォードのセント・キャサリンカレッジの設計に携わっていました。当時、ハードウェアを選定する際に膨大な量のカタログに目を通しましたが、全てのデザインを統一できるものはありませんでした。このときの経験が、ナッド・ホルシャー・コレクションの誕生のきっかけとなりました。ミニマルデザインの代表作であるU型ハンドルとL型レバーハンドルの持つ特徴的なカーブは、現在のd line製品にも受け継がれています。ホルシャーは1978年から遡り、iFデザイン賞などの国際的なデザイン賞を70回以上受賞しており、その中にはd lineのレバーハンドルや戸当たりも含まれています。

ナッド・ホルシャー

採用事例

製品詳細