ディラク スナップ テクノロジー(DST)

DIRAK ロゴ DST ロゴ

ディラク スナップ テクノロジー(DST)は、工具を使わずに確実な締結を実現する、フレキシブルな締結技術です。加工穴にパチッとはめるだけで、スピーディーに強固かつ確実な締結が可能です。

ハンドル、ヒンジ(蝶番)、ラッチ、キャッチ、ファスナー等、幅広く用意しております。
特注もご相談ください。

※スナップラインは、ディラク スナップ テクノロジー(DST)に名称を変更しました。

ワンタッチで取り付けできる!ディラク スナップ テクノロジー(DST)シリーズ

スナップラインシリーズ取付方法
  • DST 製品の多くはドイツ工業規格(DIN EN 61373)の耐震試験と衝撃試験、そして通信機器等の耐震試験規格(GR-63-CORE Issue4)をクリアしています。
  • 現場での取り付けが簡単なので、取り付け点数が多い作業のコスト削減に貢献します。ねじ、ナット、平座金が不要で増し締めなどのメンテナンスも不要です。
  • 取り付けにくい場所でも、パチッという音により確実に締結できていることを確認できます。作業者による締め付けトルクのばらつきや施工ミスを防ぎます。
  • 取り外しも簡単です。筐体の修理や輸送時にスムースに解体できます。
  • 振動の発生する環境(鉄道・航空機などの乗りもの)でも、ずれやねじれ、緩むことがありません。
  • ねじ、ナット、平座金が不要

  • 強度抜群

    厚さ1.5mmの鋼板にあけた30×10mmの穴に製品を取り付け、3950Nの力で引っ張った場合でも製品は壊れません。
  • 工具不要で塗装へのダメージを防ぐ

取り外しは専用工具またはキーで行えます

  • タイプ 1

    サンプル

    本体裏面のサイズにあった取り外し工具を選び、凹みを本体裏面に合わせ工具を押し込みます。本体両側のフック部を収納状態にして、本体を矢印方向に押し出してください。

  • タイプ 2

    サンプル

    取り外しキーを本体裏側の溝に差し込みます。キーの回転で本体両側のフック部を収納させ、本体を矢印方向に押し出してください。

 

動画

ワンタッチ取付

取り付け時間と制作コストの削減

DSTで取り付けてみた!

製品詳細はこちら